⇒ わからないことがあったら、掲示板で質問しよう!

では、早速組み立ててみましょう。
プラスとマイナスのドライバーがあれば、特別な工具は不要です。ペンチやプライヤーなどもあれば便利なこともありますが。。
ケース内部やパーツの端が鋭くなっている場合がありますので、けがをしないように注意してください。
組み立て前に、各パーツの説明書を一通り読んでおくと、組み立て時に慌てずに済みます。
また、この手順は一例ですので、多少前後してもかまいません。

1.マザーボードの取り付け

マザーボードのネジ穴に合わせて、ケースにスペーサーを取り付け、マザーボードを仮置きします。(背面パネルのコネクタ位置等を確認します。必要に応じて、ドライバー等を使用して穴を空けます。)
ネジを締めてマザーボードをケースに固定します。
2.CPU、ファンの取り付け

マザーボードにCPUを取り付けます。ソケットのレバーを上げ、CPUとソケットの切り欠き部分の向きを合わせ、間違えないように注意します。
(向きが違うのに無理に入れるとピンが曲がったり折れたりします。)
ファンを取り付けるとき、マザーボードやCPUに傷を付けないよう注意します。ファンの電源をマザーボードのCPUクーラー専用コネクタに接続します。
3.メモリの取り付け

メモリスロットの両端の白いツメを左右に倒し、メモリを真上から垂直に押し込みます。(向きに注意します)ツメが自動的にせり上がってきて、メモリ両端の切り欠きに食い込んで固定されます。
メモリは、メモリスロットの数字の若い方から順に挿していきます。
静電気に弱いので、特に注意して取り付けます。
4.ビデオカードの取り付け

ビデオカードをマザーボードのAGPスロット(茶色のスロット)に真上から垂直に挿します。
AGPスロットは、接点が上下2段になっているため、奥まできちんと押し込まないとうまく動作しないことがありますので、注意してください。
ビデオカードをネジでケースに固定します。
5.LANカードの取り付け

LANカードをマザーボードのPCIスロット(白色のスロット)に真上から垂直に挿します。ネジでケースに固定します。
6.HDD、CD-ROMドライブの設定

ジャンパピンを差し替えて、マスターとスレーブの設定を行います。
今回は、プライマリ(IDE1)マスターにハードディスクを、セカンダリ(IDE2)マスターにCD-ROMドライブを取り付けますので、どちらもマスターに設定します。(購入時は大抵マスターの設定になっています。)
ジャンパピンの位置は、ドライブ自体に印刷されている場合がほとんどですので、よく確認して間違えないようにしてください。

 IDE1(プライマリ)
  |→マスター:ハードディスク
  |→スレーブ:予備

 IDE2(セカンダリ)
  |→マスター:CD-ROM
  |→スレーブ:予備
7.FDD、HDD、CD-ROMドライブの取り付け

各ドライブを取り付け、ネジで固定します。

ケースによっては、3.5インチベイが取り外せる場合があります。
8.ケーブルの種類


FDDケーブル
マザーボードとフロッピードライブを接続するケーブルです。
ケーブルの端に白色(赤色の場合もあります)が付いている方が1番ピンです。
向きを間違えないように注意してください。(ドライブに1番ピンを表す印があります。)
ケーブルの一部が途中でねじれています。ねじれている方をドライブ側に接続します。

IDEケーブル
ハードディスクやCD-ROMドライブを接続するケーブルです。
ケーブルの端に白色(赤色の場合もあります)が付いている方が1番ピンです。
コネクタとコネクタの間が狭い方をドライブ側に接続します。
ハードディスク用には、ATA-100対応のケーブル(青いコネクタが付いていることが多い)を使用してください。

オーディオケーブル
CD-ROMドライブとサウンドカード(今回はマザーボード)を接続するケーブルです。
赤色が右(R)です。
音楽CDを再生するのに必要です。

電源ケーブル
マザーボードおよび各ドライブに電源を供給するケーブルです。大抵のケーブルは正しい向きにしか接続できないようになっています。但し、FDD用の電源は逆向きに挿せる場合もありますので、向きを間違えないよう注意してください。

電源スイッチ、リセットスイッチ、アクセスランプ等のケーブル
ケースとマザーボードをつなぐケーブルです。
白黒以外の色の付いている方がプラスです。説明書を確認し、向きを間違えないように配線します。
 SPWR:電源スイッチ
 RESET:リセットスイッチ
 POWER LED:電源ランプ(向きに注意)
 IDE LED:ハードディスクアクセスランプ(向きに注意)
 SPEAKER:内蔵スピーカー
9.ケーブルの配線

マザーボードの電源ケーブルコネクタを挿します。各ドライブに電源ケーブルを接続します。
ハードディスク、CD-ROMドライブ、フロッピーディスクドライブの信号ケーブルを配線します。
電源スイッチ、リセットスイッチ、アクセスランプ等のケーブルをマザーボードのパネルコネクタに接続します。
10. 動作テスト

内部の配線に間違いがないか再確認します。
モニタ、キーボード、マウス、スピーカー、電源ケーブルを接続します。
電源を入れ、画面が表示されることを確認します。
11. BIOS設定

Deleteキーを押したまま電源を入れ、BIOS画面を起動します。
日付・時刻、IDEドライブの設定を確認します。
起動ドライブの設定を確認し、第一起動ドライブをCD-ROMドライブに変更します。
Escキーを押して画面を戻し、F10キーを押して変更内容を保存し、終了します。
12. OSのインストール

WindowsXPのCD-ROMをドライブに入れて電源を入れ、Windowsのセットアップを行います。